1看2年生が、陸上自衛隊善通寺駐屯地へ、医療従事者の一員として地域の救助活動に参加できる基礎的知識・技術・態度を身につける目的として体験実習をおこないました。第14後方支援隊衛生隊の看護官からは、地域の被災者の「ニーズに応じた物資、看護の展開が大切である」ことを学びました。炊事車や、備蓄倉庫を見学し内容や管理方法についても学びました。野外手術システム・アンビでは被災者が病院に運ばれるまでの応急的な手術ができる車の説明をしていただき、興味深く見学することができました。最後に乃木資料館で自衛隊の歴史と多くの学びを得ることができました。

今回ご協力していただいた陸上自衛隊善通寺駐屯地の皆様ありがとうございました。