救急医(認定ICLSコースディレクター・JPTECインストラクター兼世話人)とコースディレクター、インストラクターの指導のもと、小グループで実技演習を行いました。学生は実際に即したシミュレーション実習を繰り返し、まず何をすべきかということを身に付けられるよう、看護師になるものとして積極的に技術習得に向けて取り組んでいました。

コース研修終了時には、一般社団法人日本救急医学会及び一般社団法人JPTEC協議会からの修了書を無事頂くことができました。今回、ご協力いただいた救急医(認定ICLSコースディレクター・JPTECインストラクター兼世話人)、コースディレクター、インストラクターの皆様ありがとうございました。