平成31年4月4日、善通寺市民会館で入学式を挙行しました。令和元年の今年は、香川看護専門学校創立50周年の記念の年です。校長先生からの式辞では、ナイチンゲールの言葉「看護は、明るくて、しあわせで、希望と思いやりに満ちた心によって行われる」「他者の役に立つことで、自分自身を向上させていくことができる仕事である」を紹介し、看護を発展させるのは皆さんですと、期待と激励の言葉があった。その後、新入生が壇上に立ち、「本校の建学の精神を遵守し、同じ夢を持つ学生同士ともに支えあい、刺激し合いながら、学びを深めていきたい。」と宣誓しました。