第1看護学科3年生がケーススタディーの発表を行いました。ケーススタディーでは、実習で関わらせていただいた受け持ち患者様に対する看護援助について記述(分析・解釈する)し、プレゼンテーションまで事例研究のプロセスに沿って振り返りました。発表では、それぞれのケーススタディーを熱心に聴き、質疑応答を活発に行っていました。この発表を通して、行った看護援助の評価や看護の探求の重要性を学び、研究的態度を高めることができました。学生の教育のためにご協力いただいた患者様、ご指導いただいた指導者様に深く感謝いたします。