第2看護学科2年生が、吉原地区の自主防災会、地域の皆様、小学4,5,6年生の子ども達と一緒に訓練に参加しました。訓練では毛布やトレーナーを使った応急担架のつくりかたや、骨折時の応急処置について、実演をまじえて説明しました。

地域の皆さんが災害のために熱心に取り組む姿勢を感じ、自助・共助のためのとりくみを学ぶ機会となりました。