テーマは「授業方法・ノートの取り方」、「効果的な研修・授業の実践について ―ファシリテーターを中心に―」でした。私たちは授業方法としてグループワークを多用します。グループワークのファシリテーターとして介入する際の困難感をそれぞれに抱えていました。この研修によって、課題によって引き起こされる学生の葛藤・迷いへの対応を丁寧にする必要があることを学び、自己の役割や関わり方について振り返る機会となりました。