11月9日、10日に2グループに分かれて、第1看護学科2年生が災害の体験に行ってきました。地震体験では震度7の揺れを体験し「これは、動けんなあ。揺れがおさまるまでは頭を隠して、じっとするしかないなあ」と地震発生時のシェイクアウトの必要性が理解できました。今まで何度か避難訓練をしてきていますが、突然起こりうる災害に備えて準備が必要であること、医療従事者として災害時どのような行動をとる必要があるか考える体験になりました。