令和2年10月28日、第1看護学科2年生43名の宣誓式が執り行われました。例年であれば5月に実施していましたが、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、時間や規模を縮小し、感染予防対策を行う中で実施しました。学生一人ひとりが看護を志す専門職業人として、「患者のニーズを把握し、心に寄り添った看護ができる看護師になる」等々の決意を宣誓しました。横山校長からは「自分で判断し行動する優れた看護師を目指してほしい」と、激励の言葉を頂きました。キャンドルの灯がともる厳かな雰囲気の中、心あらたに、より一層看護職のエキスパートを目指す決意をしました。