知識と技術そして判断力を持ち、実践できる看護師を育成します。

全日制の2年間で、准看護師から看護師を目指す学科です。

2年課程(全日制)  定員40名(1学年/男女)
目指す資格
看護師国家試験受験資格
助産師学校受験資格
保健師学校受験資格
大学編入学資格
国家資格 合格率 98% 平成30年度実績
(2年過程養成所平均95%)
就職内定率 100% 平成30年度実績
(希望者)

2年間の学習プロセス

2年間の学習プロセス

カリキュラム

基礎分野 科学的思考の基礎
人間と生活・社会の理解
  • 心理学
  • 情報科学
  • 論理学
  • 人間関係論
  • 英文読解
  • 英会話
  • 人権と倫理
  • スポーツ・レクリエーション
人体の構造と機能
  • 解剖生理学Ⅰ
  • 解剖生理学Ⅱ
  • 生化学
  • 栄養学
専門基礎分野 疾病の成り立ちと回復促進
  • 薬理学
  • 微生物学
  • 病理学総論
  • 病理学各論Ⅰ
  • 病理学各論Ⅱ
  • 病理学各論Ⅲ
社会保障制度と健康支援
  • 公衆衛生
  • 関係法規
  • 社会福祉
  • 保健医療論
専門分野Ⅰ 基礎看護学
  • 看護学概論
  • 共通基本技術Ⅰ
  • 共通基本技術Ⅱ
  • 共通基本技術Ⅲ
  • 日常生活援助技術Ⅰ
  • 日常生活援助技術Ⅱ
  • 日常生活援助技術Ⅲ
  • 臨床看護総論
臨地実習
  • 基礎看護学実習
専門分野Ⅱ 成人看護学
  • 成人看護学概論
  • 成人看護方法Ⅰ
  • 成人看護方法Ⅱ
老年看護学
  • 老年看護学概論
  • 老年看護方法論Ⅰ
  • 老年看護方法論Ⅱ
小児看護学
  • 小児看護学概論
  • 小児看護方法論Ⅰ
  • 小児看護方法論Ⅱ
母性看護学
  • 母性看護学概論
  • 母性看護方法論Ⅰ
  • 母性看護方法論Ⅱ
精神看護学
  • 精神看護学概論
  • 精神看護方法論Ⅰ
  • 精神看護方法論Ⅱ
臨地実習
  • 成人看護学実習
  • 老年看護学実習
  • 小児看護学実習
  • 母性看護学実習
  • 精神看護学実習
統合分野 在宅看護論
  • 在宅看護概論
  • 在宅看護方法論Ⅰ
  • 在宅看護方法論Ⅱ
看護の統合と実践
  • 医療安全
  • 国際看護・災害看護
  • 看護管理
  • 看護研究
  • 看護技術の臨床応用
臨地実習
  • 在宅看護論実習
  • 統合実習
合計 71単位 2190時間

選択セミナー

BLS(一次救命処置)+ファーストレスポンダ―(外傷初期診断)コース研修

BLS(一次救命処置)+ファーストレスポンダ―(外傷初期診断)コース研修 BLS(一次救命処置)+ファーストレスポンダ―(外傷初期診断)コース研修

BLS(一次救命処置)+ファーストレスポンダ―(外傷初期診断)コース研修 BLS(一次救命処置)+ファーストレスポンダ―(外傷初期診断)コース研修

救急医(認定ICLSコースディレクター・JPTECインストラクター兼世話人)とコースディレクター、インストラクターの指導のもと、小グループで実技演習を実施しています。
一般社団法人日本救急医学会及び一般社団法人JPTEC協議会からの修了書を授与されます。
(注)JPTEC:Japan Prehospital Trauma Evaluation and Care(外傷初期診断)