11月22日(水)第1看護学科「平成29年度交流会」が開催されました。

この交流会は年に一度、その年度の卒業生と在校生が一堂に会し意見交換することにより、在校生の臨地実習でのあり様、進路・就職先を決定するための情報を得る、国家試験対策の助言を得ることを目的としています。

今年度は30名の卒業生が参加しました。最初に1・2年生には、学習の仕方、臨地実習での具体的な対応などについて紹介してもらいました。続いて3年生には、経験からの国家試験を乗り切るための方策を話してもらい、質疑応答では活発な意見交換となりました。その後の教員と卒業生による懇親会では、同級生間の近況報告が行われ、有意義な交流会となりました。